明日から8月・・・昨年夏、殉職により買い替えた冷蔵庫の支払いもあと3回で終わる~。

今朝はいつの間にか目覚まし代わりの携帯を止めてしまったらしく・・・
予定より1時間近くも寝過ごし・・・慌てて起きて支度する事15分。(←化粧も含む。)
(昨日ののらりくらりとは偉い違いだわ、やれば出来るじゃーん
って、ただ散歩に行くだけだったんだけど。(爆)

朝食の合間にネットでblog徘徊してると、「正社員で解雇通知を渡された」とか「病気の転移・再発」と
いった内容が目に入り・・・ドキッとさせられる。
自分自身も手術から約5年経ち、術後5年の薬の服用を2年で止めてしまった経緯があるため
(しかもわざとではないのだけども、定期検査まで行かなくなり)人ごとではないのだ。

仕事だって、今の日本じゃ60歳過ぎても(よほど貯金でもない限り)まだまだ働いていないと
その先生活出来そうにないゾー。
その頃働ける場所があるのか、働ける身体であるのか・・・どっちも微妙だ。 (  ̄_ ̄)

良くも悪くも今のような生活を送ってるとは20年前には考えてもみなかったしなー。

遥か昔の学生時代、色々考えた末卒業後は留学し(専門は語学)そのまま移住するつもりだった。
が、途中で日本には戻らねばならなくなり・・・以降、意図していた人生とはかなり異なる道を
歩みつつ現在に至る、という訳なのだ。(省略し過ぎやん。)

帰国後、一旦正社員で就職したけれども・・・半年後には同期入社の同僚はほとんど
リストラされてしまった。
ところがせっかく残れたのにワタクシ若気の至りで自主退職。 ( ̄ω ̄;)
以降、正社員とはほぼ無縁・・・と言うより、以降20代は家庭内を含め諸事情により
まともに仕事に就く事が出来なかった。
やっと社会人として人並みに働けるようになったのは、29歳の時だった。

就業先の会社合併がなければ、ずっと居たかも知れない程そこでは長く働いた。
派遣会社の契約社員⇒外資系アウトソースの一員として⇒就業先へと言う状況だったのだが、
真ん中が外資系だけあって、ここでは男女の区別なく錬われ・・・そのお陰とそこでの
経験で、その後も何とかどこかで仕事には就けるようになったのだ。感謝。

今は何か特別な目標がある訳ではないけれど、20代ではほとんど仕事らしい事が
出来なかった分、どんな形であれ今は何かしら仕事を続けて行きたいと思ふ。
そしていつでも心身共に自由でいたいのであ~る。 ヽ( ̄▽ ̄)ノ ナハハ♪


♪Thank you for your click!♪ U。・ェ・。Uノ~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。